「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは


ここ数年(特に2015年以降)、AIは急速な成長を遂げることになります。
その理由の大半は、かつてないほど速く、安く、強力な並列処理を実現できるGPUの普及によるものです。
また、「実質的に無限のストレージ」と、「イメージ、テキスト、トランザクション、マッピング・データなど、
あらゆる種類の膨大なデータ(あるいは、そうしたビッグデータ全体の動き)」という
2つの重要な要素が同時に登場したことにも関係しています。

「汎用AI」(General AI)
――つまり、人間のあらゆる(あるいはそれ以上の)感覚と、あらゆる判断力を備え、人間と同じように考える、驚異のマシン――
として私たちが考えるものです。

汎用AIマシンが映画やサイエンス・フィクション小説でいまだに登場するのには、もっともな理由があります。
なぜなら、人類はそれらを(少なくともまだ)実現できていないからです。


これまでに人類が実現したことは、「特化型AI」(Narrow AI)の概念に当てはまります。
これは、特定のタスクについて、人間と同等(あるいはそれ以上)の処理をこなすことができるテクノロジです。

本質的に「機械学習」とは、世の中の特定の事象についてデータを解析し、
その結果から学習して、判断や予測を行うためのアルゴリズムを使用する手法だといえます。
つまり、機械学習では、特定のタスクを完了するための明確な手順に沿って
手作業でソフトウェア・ルーチンをコーディングするのではなく、
大量のデータと、タスクを実行する方法を学習できる能力を提供するアルゴリズムに基づいて、
マシンの「トレーニング」が行われます。

つい最近までコンピューター・ビジョンや画像検出が人間に対抗できるほど進化しなかった理由は、
きわめて不安定で、エラーを起こしやかったためです。


ディープラーニング ? 機械学習を実装するための手法

各ニューロンは、それぞれの入力に対して重み(実行されるタスクに対する正誤の確率)を割り当てます。
そして、最終的な出力がそれらの重みの合計によって決まります。
問題は、もっとも基本的なニューラル・ネットワークでさえ計算処理上の要求が非常に高く、
単純に実用的なアプローチではなかったということにあります。
ネットワークの最適化、つまり「トレーニング」を行っている間は、
間違った答えを(大量に)示す可能性が大いにあります。
その解決には、トレーニングあるのみです。
ニューロンの入力に対する重みが徹底して最適化され、
ほぼ毎回正しい答えを出せるようになるまで、
何十万枚、あるいは何百万枚もの画像を読み込む必要があります。



一般的にAIというと「汎用AI」を思い浮かべますが、現状は「特化型AI」のこと。
「ディープラーニング」とは仰々しい名前ですが、パターンを読み込ませ、
各種選択肢に対しおもりをつける行為。
パターンが多ければ多いほど、おもりの精度が向上し、正解に近づく可能性が上がる。

つまり数え切れない選択肢の中でどれが一番正解に近づくか、その速さを競う。
そういうことですね。
それならコンピューターの得意分野。

AIのシンギュラリティが近いといいますが、
コンピューターが0から1を生み出せない限りその日は来ないです。
ビッグデータ・検索・データマイニングのような技術に頼る限り、
無理じゃないかと思います。
スポンサーサイト
■納骨堂
はせがわが代理で受付をしている。

■はせがわ
『寺社関連おいては、屋内墓苑(搬送式納骨堂)の受託販売が順調に推移したことなどから』
はせがわの四半期報告書ではビジネスとして報告されている。

■納骨堂ビジネス
新宿駅徒歩3分の好立地に「納骨堂」登場 マンションよりも儲かる仰天の収益モデル


納骨堂には主に2つのタイプがあり、コインロッカーのような小箱にお墓が固定化されているタイプと、
自動搬送倉庫のように、呼び出すと自分のお墓が目の前に移動してくるタイプがある。

1基を100万円で販売した場合、7000基なので売り上げは70億円となる。
土地代、建築費の合計額は通常なら30億~40億円程度なので、完売すれば数十億円という莫大な利益が転がり込むことになる。


■宗派不問の納骨堂、課税適法
東京都内の宗派不問の納骨堂の一部に東京都が固定資産税などを課したことに対し、
寺院側が「宗教活動を行う納骨堂は非課税の境内建物に当たり、課税処分は違法だ」として取り消しを求めた訴訟で、
東京地裁は5月24日、原告の訴えを棄却した。
教義を広めるなどの宗教団体として主たる目的のために使われない部分が課税対象とされたことで、
今後、宗旨を問わない納骨堂に課税が広がることが懸念されている。

■納骨堂
まるでマンションの売買ですな。




世の中には納骨堂ビジネスというものがあるんですね。

非課税だし、住民もいないからクレームがつくことはないし、いうことなしですね。

おまけに曰くつきの土地で、一般住宅にならなくても、納骨堂にして売る・貸すことが可能。

将来的に管理費を入れる家族がいなくなれば共同埋葬し、その後はほかの家族を入れる。

金の生る木ですなあ。


死者を扱うだけにかなりデリケートと思いますが、

こういう業界に進出する人・企業もいるんですね。


ゆくゆくは管理する人もいなくなって「廃墟」ということにならなければいいですが。
旅するユーロ
テレトリップ
常盤貴子らと旅気分で外国語を学ぶ『旅するユーロ』

旅するユーロ、夜ぼんやりテレビを見る分にはいい番組ですね。
日本語と外国語がまぜこぜになってあまり肩がこらない。
ユーロの主要国の言語が並べて見れるので比較もしやすい。

スペイン語とイタリア語は似ているけど、絶妙に違う。
フランス語も似てるけど、発音だけならまるで分らない。
ドイツ語は全く違う。

ポルトガル語とスペイン語って本当に似てるの?

米国

アメリカの経済

アメリカ(アメリカ合衆国)

アメリカの貿易相手国が一目で分かる図

世界時価総額ランキング

アップル
アルファベット
マイクロソフト
バークシャー・ハサウェイ
アマゾン・ドット・コム
フェイスブック
エクソン・モービル
ジョンソン&ジョンソン
JPモルガン・チェース
ウェルズ・ファーゴ



米国企業が上位独占ですね。

11位以降の米国企業

ジェネラル・エレクトリック
AT&T
バンク・オブ・アメリカ
Bank of America 228.78
P&G
シェブロン
ウォルマート・ストアーズ
べライゾン・コミュニケーションズ
ファイザー
コムキャスト
コカコーラ
ビザ
ウォルト・ディズニー
インテル
メルク
ホーム・デポ
IBM
オラクル
シティグループ
ユナイテッドヘルス・グループ
シスコ・システムズ
フィリップ・モリス・インターナショナル
ペプシコ
アルトリア・グループ



ITと金融が多いですね。
ここに自動車を始めとした製造業を戻したいんでしょうか。

トランプ産業政策の問題点はデトロイト都市圏を見ればわかる

mBaas

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。