「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。













フェノーメノは強いですね。

この世代はやはりディープブリランテ、フェノーメノ、ゴールドシップ、ワールドエース、カレンブラックヒルが上位。抜けてます。

その中でもフェノーメノは勝ち抜けない弱さ。最後少し足が鈍るところがあるようですね。

前目で勝負できるようになった分安定性は増しましたが、突き抜けきれない。


ジェンティルドンナはまともに負けがないだけに底が知れない感じですね。

追えば追うだけ伸びる印象。

オークスも最後流す感じですし、秋華賞も後方から大外まわっているので着差以上の内容。




デビュー戦以外での負けのチューリップ賞。

スローで内に包まれて行くに行けずやる気をなくした印象。

それでもゴールに近づいた時には少しやる気を見せたり。

オークス55kgでタイムは2.23.06。

競り合いもしてなく最後少し流したことを考えれば・・・。

しかもジャパンカップでは53kgと斤量2kg減。

古馬、牡馬、大観衆の雰囲気に飲まれなければ、千切ることもあり得るかも。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3202-8cb37933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。