「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
【J1:第33節 仙台 vs 新潟】レポート:優勝と残留をかけた両者が見せた表情。最終節を前に決まったものと、最終節で示したいものがそこにはあった(12.11.25)

http://www.jsgoal.jp/ranking/j1.html

14 セレッソ大阪 41 33 11 8 14 45 51 -6
15 ヴィッセル神戸 39 33 11 6 16 41 49 -8
16 ガンバ大阪 38 33 9 11 13 66 63 +3
17 アルビレックス新潟 37 33 9 10 14 25 33 -8
18 コンサドーレ札幌 14 33 4 2 27 24 84 -60



妙な感じに盛り上がってきました。

Jリーグ最終節。

早々に残留を諦めていましたが、前節優勝を争う仙台に勝利し、首の皮一枚つながった状態。

14~17まで降格可能性があります。(18位は確定)

新潟にとっては勝利条件ですが、その場合ヴィッセル、ガンバが引き分け以下で残留が決まります。


12月1日(土) C大阪 15:30 川崎F 長居
12月1日(土) 神戸 15:30 広島 ホームズ
12月1日(土) 磐田 15:30 G大阪 ヤマハ
12月1日(土) 新潟 15:30 札幌 東北電ス


いろいろな思惑が交差するこの四試合。

相手の負けを願うというのはそもそも勝負の世界では意味のないもの。

試合をして勝った結果が思わず残留ということでいいんじゃないでしょうか。

現段階で、来年の新潟はJ2と想定しています。

(勝たなきゃいけない試合をポロポロこぼして残留をまだ願うというのはやっぱ違うでしょ)

何人残ってくれるのかなあと考えながら。

今年は、史上最強といいながら、最後まで歯車がかみ合わなかった印象です。

※ ごめん。一試合も見に行ってない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3206-945b7545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック