「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IDCジャパンの定義によれば、ビッグデータ関連システムとは、以下の三つを満たすこと。

1.100テラバイト以上か、毎年60%以上増えるデータ量を扱うこと。
2.容易にスケールアウトできるシステム基盤であること。
3.2つ以上の異なる種類のデータを扱うこと。

2011年の世界の市場規模は、3800億円。
国内市場は、142億5000万円。
(国内のIT市場13兆1665億円)




セグメントで分けると、
サーバー
ストレージ
ネットワーク
ソフトウェア
ITサービス

年平均成長率は、
ストレージ50.4%
ソフト45.3%

処理量の増加に伴いストレージの追加、分析ソフトの購入が進む。




ビッグデータの今と未来を示す5つの最新オープンソース技術

オラクルとビッグデータ

ビッグデータが“バズワード”から脱せない背景

ビッグデータで検索すると色々な文章がでてきます。

でもほとんどが何だか知らないが書いてみました的な中身のない文章。

昔からBIといって、DBの次の技術が喧伝され、売られ、使われないできました。

この仕事やり始めて気がついたことが、経営者を含め満足に財務諸表を見れないということ。

財務諸表をみて、どこにウィークポイントがあるか、他の人と共有できない。

会計システム、基幹システム導入して、勿体無い。

そこにビッグデータを入れてもほとんどの人が見れないのじゃないでしょうか。


といいつつ、ビッグデータに何でもいいから齧り付いていれば、何か別なものに変質するかもしれないなあ。

と思ってます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3209-7a1823f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。