「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









Jリーグ2012、最終節面白かった。

新潟vs札幌
ガンバ大阪vs磐田
神戸vs広島

三会場それぞれの試合の雰囲気も対照的でした。

緊張感の中にも結構温い空気のあった新潟。
緊張感・スピード感に溢れ、なぜかお互い120%の力を出した死闘になったガンバ。
広島に足らわれても、焦りもせず、のんびりした感じの神戸。

結果的にガンバ・神戸が負け、新潟が勝利。
逆転残留したのですが、試合レベルじゃやっぱりガンバでしょ。
クオリティの高さが半端ない。
ガンバの必死さに伴って磐田の本気さを引き出してしまった。

正直ガンバが一旦1-1で追いついた時、これはガンバが逆転勝ちするケースか?
と思ってましたが、磐田のリカバー。
なんでそこまで身体張る?
何か磐田とガンバって因縁あったかと思ってしまうほど。

新潟はホーム、最下位札幌、最終戦という好条件が揃ったこともあってか、見違える試合内容。
BLも点を取ったし、アランミネイロは何じゃという程の獅子奮迅ぶり。
パスもできるし、ポジショニングもいいし、ミドルも打てる。
あと10kgぐらい減量してキレを増したらアンストッパブルな存在になりそう。




新潟はJ1残留が決定したのですが、これでようやく来年の絵が描けますね。

J1補強動向

柳下さんを端から監督に据え、どうなるんでしょう。

今年は(攻撃の)選択肢が多すぎてまとめ切れなかった。

来年は、やはりBL-ミシェウ-AMのトリオをメインにすべきか?

それと、鈴木武蔵選手と三門雄大選手の成長がキーではないかと。




J1第34節 新潟×札幌マッチレビュー


12月1日のアルビレックス新潟




「結局、選手の意識の問題でしょ」負の連鎖でJ2に沈んだガンバを検証。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3214-6400fccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。