「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
日本のGDPが500兆円、人口1億人とすると、1人当たりは500万円。

日本の1人当たりGDPは世界14位 2011年、前年と変わらず

付加価値500兆円はどこに消えているのかと思ってましたが、

一人あたり500万円なら普通に分配されてますね。




日本が「一人当たりGDP=6万ドル」の壁を突破するために必要なこと

世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング

順位 国名称 単位: USドル
1位 ルクセンブルク 115,808.65
2位 カタール 98,144.13
3位 ノルウェー 97,607.32
4位 スイス 83,072.85
5位 オーストラリア 66,371.22
6位 アラブ首長国連邦 63,625.69
7位 デンマーク 59,708.96
8位 スウェーデン 57,638.23
9位 カナダ 50,496.04
10位 オランダ 50,216.42
11位 オーストリア 49,687.51
12位 シンガポール 49,270.87
13位 フィンランド 48,782.65
14位 アメリカ 48,327.86
15位 アイルランド 48,288.73
16位 ベルギー 46,989.38
17位 日本 45,869.72



カナダ5万ドルまでは大体想像できる範囲でしょうか。

ルクセンブルク、スイス:?
カタール、アラブ首長国連邦、オーストラリア:資源国
ノルウェー、デンマーク、スウェーデン:北欧




スイス経済

IMFによると、2011年のスイスのGDPは6360億ドルであり、世界第19位である[10]。2011年の一人当たりのGDPは81,160ドルであり、世界でもトップクラスの水準である。世界で最も国際競争力の高い国の一つであり、2011年の世界経済フォーラムの研究報告書において、世界第1位の国と評価された[11]。富裕層も非常に多く、9.5%の世帯が金融資産で100万ドル以上を保有しているとされる[12]。主な産業として、金融業(銀行、保険)、観光業、精密機械工業(時計、光学器械)、化学薬品工業が挙げられる。

通貨のスイスフラン (CHF) は、金よりも堅いと言われるほどの世界で最も安定した通貨であり、1870年代の硬貨が未だにデザインも変更されずにそのまま製造され、流通している。国内の物価および賃金水準は高く、国民の貯蓄高も、日本並みに高い。輸入関税率は低く、高級外車などが比較的安く購入できる。スイスの欧州連合 (EU) 加盟の賛否を問う国民投票において、国民の過半数が反対票を投じる重大な理由はここにある。すなわち、スイス国民にとってEU加盟は何らメリットが見出せないのである。

スイスフランの利子率の低さに目を付け、東中欧を中心に、フラン建ての住宅ローンが多く組まれている。このため、もしスイスフランが不安定となると、他国の家計にパニックを起こすリスクが生じている[6]。

近世に至るまでスイスの主な産業のひとつとして存在したのが傭兵であった。スイスはその地形から農業などの産業を発達させにくかったため、戦力を輸出することで産業不足を補っていた。 現在は戦力の輸出は禁止されているものの、バチカンの傭兵のみは唯一の例外として認められている。



スイスの企業一覧




ルクセンブルク経済

世界最高水準の豊かさ

IMFの統計によると、2010年のルクセンブルクのGDPは524億ドルであり[2]、日本の青森県とほぼ同じ経済規模である[3]。

ルクセンブルクの経済は世界でもトップレベルの豊かさを誇る。特に21世紀以降は、一人当たりの国内総生産において世界首位の座を維持し続けている[4]。しかし、購買力平価ベース[5] では、2000年代中盤を境にカタールに追い抜かれ、次席に甘んじている(※CIAワールドファクトブックによれば、リヒテンシュタインおよびカタールに次いで第3位[6])。ただし、ルクセンブルクは高度に発達した先進工業国であり、石油産業(オイルマネー)に依存したカタールとは好対照である。

ちなみに、一人当たりの国民総所得 (GNI) では世界第4位だが、購買力平価ベースでは世界首位(2009年度現在[7])。GNIとは、ある国籍を持つ国民が国内外で稼いだ所得の総和であるから、単純に考えれば「世界で最も所得が多い(=金持ちの)国民」ということができる。

ルクセンブルクの経済成長率は毎年4 - 5%の範囲で推移(※2007年度以降は鈍化[8])しており、先進国としては例外的に高い経済成長を維持し続けている[9]。一方、典型的な福祉国家ではないのにも関わらず、概して失業率が良好に推移しており、国内の所得格差が北欧諸国並みに小さいという特筆すべき特徴を兼ね備えている。


鉄鋼業を中心とする重工業

かつてのルクセンブルクは大国に翻弄される貧しい農業国に過ぎなかったが、1960年代よりアルセロールに代表される鉄鋼業が経済を牽引し、経済大国の基礎を築いた。事実、前述のアルセロールは、鉄鋼業において世界首位の売り上げを誇る巨大企業に成長することになる。オイルショックを契機に低成長時代へ突入したが、産業構造の転換によって停滞期から抜け出すことに成功[11]。現在では金融サービス業をはじめとする第三次産業がGDPの約80%を占めるようになった[12]。特にインドに本拠地を置くミタルスチール社のアルセロール買収(2006年)は、同国における鉄鋼業の衰退を象徴する出来事と言えよう。とはいえ、合併後(アルセロール・ミッタル)も依然として同国に本社機能を置いている点では変わりはない。

製造業としては、化学や繊維、自動車部品、プラスチック・ゴムといった分野でも実績があるが、いずれも鉄鋼業ほどの影響力はない。隣国ベルギー(アントウェルペン市)がダイヤモンド取引の中心地であるため、ルクセンブルクにもダイヤモンド加工産業が根付いているが、ベルギーほど加工技術は高くないとされる。

他に特筆すべき工業製品としては、陶磁器(高級食器)が挙げられよう。ビレロイ&ボッホ社がルクセンブルク(オーストリア大公国領時代)に工場を置き、ハプスブルク家の御用達となったことから世界的に名声が広まった。ルクセンブルク工場が製造する陶磁製食器は、現在でも世界的に高い評価を受けている[13]。また、同社は厳密にはドイツ企業だが、上述した歴史的経緯と本店がルクセンブルクに置かれている(※本社はドイツ)ことから、ルクセンブルク企業と誤解する人も少なくない。ちなみに、同工場では機械を用いて皿に絵付けをする際、膨らんだ風船状のゴムにインクを載せ、それを皿に押し付けるようにして着色するといった独特な手法が用いられている。このアイデアを出したのは地元の貴族であったとされ、その末裔はビレロイ&ボッホ社の名誉職を代々受け継いでいる[14]。


ユーロ圏を代表する国際金融センター

2011年9月、ルクセンブルクは世界第29位の金融センターと評価された[15]。
前述の通り、かつては鉄鋼や化学といった重工業を中心とした工業国であったが、現在では銀行業や金融サービスを中心とした金融大国である。特にユーロ圏におけるプライベート・バンキングの中心地であり、世界的に見てもスイス(非EU加盟国)に匹敵する規模を誇る[16]。デイリーテレグラフ紙によれば、金正日の持つ隠し資産の大半がルクセンブルクの銀行に預けられているという[17]。また、欧州圏における再保険分野の中心地でもある[18]。こうした金融セクターは(およそ30万人の労働人口に対して)7万人近い雇用を生み出し続けており、労働人口全体のおよそ5分の1を構成していることになる[19]。これは失業率を低く抑えることにも貢献している(※下記参照)。また、国内には欧州投資銀行やユーロスタット、欧州会計監査院といった欧州連合における金融関連機関が集中しており、ユーロ圏における金融センターとしての地位を不動のものとしている


欧州における情報通信産業の中核

ルクセンブルクは情報通信分野(放送メディア産業)の産業振興に力を入れてきた。結果として、現在はRTLグループとSES S.A.の二大メディア複合体を擁し、欧州における同分野の中核を担っている。RTLグループは欧州随一の規模を誇る放送メディアの企業複合体であり、SES S.A.は欧州のみならず世界有数の規模を誇る衛星放送事業者。特に後者は国策企業(※日本で言えば NHK BSに近い)を前身とし、現在では世界最多(41機)の放送衛星を運用する民間企業である[20]。欧州最大の商業通信衛星群 ASTRAシリーズは、子会社のSES アストラによって運用されている。

金融サービスに関連して電子商取引の重要性にいち早く注目し、2000年8月に世界に先駆けて電子商取引の関連法を制定した。同様に電子商取引の安全性を保証する仕組みとして電子認証機関 ルクストラスト を官民共同プロジェクトとして設立し、官民を問わず広く利用を促している。続いて2009年には、欧州最大規模の商用インターネット相互接続ポイント「ルシックス」が設立された。ちなみに、国内全域において光ファイバーによる高速回線が利用可能である。近年では、首都ルクセンブルク市および第二都市エシュ=シュル=アルゼットの一帯で Wi-Fiによる高速無線通信も利用可能になった[21]。


白ワインとチョコレートの国

他分野と比べると第一次産業が見劣りすることは否めないが、モーゼル川流域は古代ローマ時代からワインの生産が盛んな地域[22] であり、良質な辛口の白ワインを産出することで知られている[23]。ただし、同川流域に位置する他国(ドイツやフランスなど)のワイン生産地とは異なり、国内生産量は15,000kl/年と小規模であるため、輸出されることは少なく希少性が高い(※一般的にモーゼルワインと言えばドイツ産が有名)。ちなみに、葡萄の主要品種はリースリングやゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリなど。

農業が吸収する労働人口は全体の1%前後とされる。農家の大部分は家族経営の小規模な自作農であり、耕作と畜産の混合農業が一般的。有機農法を用いた農地に政府助成金が支給される仕組みとなっているため、政府認証を受けた農地のほぼ100%が有機農法を行っており、食の安全性に対する意識の高さを窺わせる[24]。実際、農業関係者の遺伝子組み換え食品に対する拒否感は強い[25]。食品加工業としては、隣国ベルギー同様にチョコレート菓子が世界的に知られており、王家御用達とされる「オーバーワイス」が代表的なブランド。また、飲食店の格付け冊子として著名なミシュランガイドにおいて国民一人あたりの星の数が世界一という実績から、「美食の国」として誉れ高い隣国ベルギー同様、グルメ観光を目的とした旅行客も少なくない[26]。


歴史遺産とエコツーリズム

大国に翻弄されながらも独立を維持してきたルクセンブルクは、その歴史を偲ばせる建造物が国内各所に点在している。特に首都の旧市街は世界遺産に登録されており、観光地として人気があるが、ベルギー(あるいは周辺各国)からの日帰り客も少なくない。そのため、観光客をいかに長期滞在させるかが観光業の課題となっており、近年では豊かな自然を生かしたエコツーリズムに力点が置かれている。

エコツーリズムをメインとする観光地としては、鬱蒼とした森が広がるアルデンヌ地方や「小スイス」と称されるミュラータール、モーデル川沿いの丘陵地帯(※ワイン観光)などが挙げられる。鉄鋼業の中心地である南部(エシュ=シュル=アルゼット)には豊かな自然に加え、かつて鉄鉱石を運んだSL鉄道[27] をはじめする産業遺産が残されている。この地域は岩石が鉄分を含むために赤味を帯び、通称「赤岩の地(land of red rocks)」とも呼ばれる。

また、小国ながら自転車競技では世界レベルの実力を誇る国だけあって自転車ロードレースの国際大会(ツール・ド・ルクセンブルク)が毎年開催されており、大会期間中は観戦客で大いに賑わう。


外国資本からの大規模な投資

ルクセンブルクは地理的に欧州の中心に位置しており、道路や空路(※航空貨物大手のカーゴルックス航空が本拠地を置く)といった交通網がよく整備されているほか、オランダ(国際的な海運業の中核)を隣国とする欧州における物流の要所であり、更には英語やフランス語、ドイツ語といった欧州の主要言語がすべて通じる理想的な環境にあるため、欧州圏にビジネス展開しようとする世界企業にとっては魅力的な立地条件を有している。

その上、政治分野においては伝統的に労使関係が良好でストライキが少なく、先進国にも関わらず企業への税負担が極めて低く抑えられていることから、外国資本による大規模な投資を呼び込むことに成功してきた。アジアで言えば、香港あるいはシンガポールに近い立場にあると言えよう。

なお、かつては国内産業の多くが同族経営企業(貴族の流れを汲む富裕層が主体)によって構成されていたが、外国企業によるアルセロール買収が象徴するように、現在では既に過去のことである。


軽い税負担による国外企業の誘致

ルクセンブルクは先進国の中でも特に税率が低い国であり、数多くの国外企業を誘致することに成功している。近年ではインターネット関連企業の誘致に力を注いでおり、スカイプ社やeBay社、Apple社などを筆頭として数多くのインターネット関連企業が本社機能を移転している[28][29]。ただし、本社機能を完全移転したスカイプ社のような事例は稀であり、その大半は欧州本社である[30]。日本企業としては、帝人[31] やファナック[32]、楽天などが欧州本社を置いている[33]。

また、その税負担の軽さから、欧州連合や OECD(またはG20) などに事実上のタックスヘイブンとみなされ、強い非難を浴びてきた[34][35]。近年までは一連の非難に対して強気の姿勢を崩さなかったが、リーマンショックに端を発する世界恐慌以降、国際的な金融規制の流れを受けて税率改正の動きを見せはじめている。その一環として 2010年1月25日、租税条約改正について日本政府と合意した[36]。


低い失業率と小さい経済格差

ルクセンブルクは概して失業率が低い国であり、多くとも4%台で推移している。事実、リーマンショック以降ですら4.4%(2008年現在[9])と低い失業率を維持しているが、これでも同国としては記録的に高い数字である。ちなみに、同年のユーロ圏における平均失業率は7%台後半であり、北欧の福祉国家(およびワークシェアリング政策を採用するオランダ)を除けば欧州で最も低い失業率を誇る。

また、新自由主義的な経済政策を志向しているにも関わらず、ルクセンブルク国内の所得格差は小さい。例えば、ジニ係数は北欧型福祉国家に匹敵し(※0.2 ポイント台[37])、80年代以降はほぼ一定を保っている。言い換えれば、経済成長に伴って所得格差が広がらなかった稀有な例である。

労働者の多くは政界と繋がりのある労働組合によって保護されているが、欧州の先進各国における労組とは異なり、労使関係は20世紀初頭から良好である。労使関係が安定しているためにストライキが起こりにくく、この点も国外企業の誘致に有利に働いている。


外国人労働者問題

ルクセンブルクは伝統的に諸外国から多くの移民を受け入れており、2005年現在のデータでは人口の約40%が外国出身である[38]。この割合は欧州連合の中でも突出したものであり、世界の中でもルクセンブルクを越える国は多くない[39]。ただし、ルクセンブルクの場合は近隣諸国(同じ言語圏)からの移民も少なくないため、多言語国家であっても、米国のような多民族国家とは言い難い。そもそも、ルクセンブルクに外国人出身者が多いのは、同国が(ユーロ圏で唯一)二重国籍を認めていないために過ぎず、在住する外国人の多くは近隣諸国からの越境者である(※東京と近隣県の関係に近い)。実際、労働人口のおよそ半数が隣国(主にベルギーやフランス、ドイツなど)から越境通勤してくる「コミューター」とされる[40]。ちなみに、こうした越境労働者が多いことが一人当たりのGDPを引き上げる要因となっている。

また、好調な経済に惹かれてやって来た不法移民(不法滞在者)も多いとされるが、ルクセンブルクの国籍(あるいは労働許可証)を取得していない限りは存在しないものとされ、正確な統計情報も存在しない(※発覚した場合は国外追放[41])。もっとも、シェンゲン協定の締結以後、周辺国(現在では欧州のほぼ全域)との往来が自由になっているため、ルクセンブルクを目的地とした不法移民なのかどうかを判断するのは困難である。ちなみに、在留資格がなくとも現地での被雇用を条件に長期滞在許可が下りる(※ただし、これは主に難民に対する処置)[42]。

また、ルクセンブルクにおける外国出身者の失業率は他の欧州各国と比較して低く[43]、外国人に対する差別意識もさほど強くない上[44]、前述の通り寛容な移民政策を採用していることから、不法滞在の目的は何らかの非合法活動に従事する場合に限られる[45]。




スイスやルクセンブルクが1人当たりGDPが高いのは小さい国で、隣国からの日常通勤者が多い

という理由が大きいのかもしれないですね。

そういう目で見ると上位国は、社会システムとか人・技術の能力の高さだけではなく、

地理的要因もありそうですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3258-c626e025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック