「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

新「みずほ銀行」頭取に佐藤氏 みずほFG社長と兼務へ

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は、傘下のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が今年7月に合併してできる新「みずほ銀行」の頭取に、みずほFG社長兼グループ最高経営責任者(CEO)の佐藤康博氏(60)が就く方向で調整に入った。佐藤氏はFG社長と新銀行頭取を兼務する方向。2月下旬にも正式に決め、発表する。

 みずほグループは長く、母体である旧日本興業、富士、第一勧業の3銀行の出身者でFGや傘下銀行トップのポストを分け合う慣習が続いていた。しかし、東日本大震災直後に起こした大規模なシステム障害を機に、体制の刷新を決断。グループCEOとなった佐藤氏が新銀行頭取も兼ねることで、グループ全体の意思決定を一元化する必要があると判断したとみられる。

 佐藤氏は東大経卒。1976年日本興業銀行(現みずほFG)に入り、2009年4月からみずほコーポレート銀行の頭取も務めている。



このニュースだけ見ると、ついにみずほも変わるのかと思うんですが。




[スクープ]みずほの次期システムはマルチベンダー、4社に分割発注

 みずほ銀行が次期システムの開発をマルチベンダー体制で進めることが日経コンピュータの取材で判明した。富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータの4社に分割発注する。ハードウエアの調達とアプリケーションの開発を分離し、さらに預金や融資といった機能ごとに開発委託先を変える。大手4社に発注を分散させることで、総額4000億円を超えるとみられる大規模プロジェクトにおける技術者確保などに万全を期す。



う~ん。ニュースそのものの威勢はいいが、IT技術者としては関わりたくないです。

さらにみずほの口座を持ってたら切り替えます。何が起きても変じゃない。

誰が決定の判断をしたのか、ここまで恐ろしいスキームをよく整えました。

各社の頭の面子だけなのでしょうが、現場責任者にしたら堪ったものではないのでは?

見事に全社、自社担当分しか責任を取らない構えではないでしょうか。

話を聞いてみたい気もします。


みずほFGの次期システム発注の裏側…富士通の独占が崩壊!

巨大銀行のバンキング・オンライン

IT業界で無事にいたいなら銀行に関わるな

株価10年

みずほFGがなくなる日も予感できますね。

もうこのスキーム変えられないんでしょうか。

全く関係のない立場で眺めているのは結構興味深いですが。


システム障害はなぜ二度起きたか――みずほ、12年の教訓 [単行本]

システム統合の「正攻法」 世界最大6000人プロジェクト、三菱東京UFJ銀行「Day2」に学ぶ [大型本]
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3275-e2605497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック