「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。


新潟の鉄道撮影日記




新潟駅に8、9番線ができていました。

これって何なんだろう。

ユニバーサル・デザインとして高齢者のために、階段なしのプラットホームなのだろうか。

新潟駅付近連続立体交差事業




変化する新潟駅

新潟駅周辺整備事業の概要

在来線の高架化工事区間は約2.5キロメートルあり、電車を運行しながらの工事となるため、現在の線路の外側に仮設の線路を敷設し、その仮線で電車を運行しながら高架橋の工事を行います。

高架化工事が終了した後、仮線は撤去し、道路として整備します。




在来線の全てを新幹線ホームの高さにまで高架化するのですか。

これは今も揉めているBRTと結びついて、一連の新潟の交通改革になるのですね。

ようやく全体が見えてきました。

ただ想像してみると、在来線を全て3階に押しやってしまうと、利用者の利便性を著しく失うことになるのでは?

現在の形、1、8、9とすべて平面で階段の乗り降りがない形は、寧ろ高齢者には利便性高いのでは?




【現場最前線】新潟駅で1200人動員した鉄道切替工事 JR新潟駅連立事業

これだけ大規模な工事が長期間続くことは、地元建設業界への貢献の意味もあるのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3289-70308f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック