「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井物産が「ポール・スチュアート」全面買収へ 創業家と合意

 三井物産は8日、米国ニューヨーク発の紳士服などの老舗ブランド「ポール・スチュアート」の全株式を取得し、完全子会社化することで創業一族と合意したと発表した。取得金額は明らかにしていない。現経営陣や従業員は引き継ぎ、三井物産から常勤取締役ら数人を派遣する。大手商社は欧米有名ブランドの国内、アジアの独占販売権を取得しているが、有名一流ブランドを完全子会社化するのは初めて

 三井物産は1975年から同ブランドの輸入業務を開始。91年に日本市場で同ブランドの独占生産・販売権を得て、アパレルは三陽商会を中心に、化粧品はコーセーなど計14社とサブライセンシー契約し、三陽商会を通じて東京の2直営店に加え百貨店など約100店舗、ネット販売で約115億円を売り上げる。

 最近は欧米ブランドが、既存契約を打ち切り、直接日本市場に参入する事例も増えており、経営権を取得することで日本での安定ビジネスにつなげ、2015年に日本での売上げを約1.7倍の約200億円に育てる。中間層が増える中国やアジアでの販売に乗り出し、ブランド価値を高める。



ポール・スチュアート、三井物産になぜ身売り




この動きはやはり欧州ブランドがライセンス商売を辞めて、直営化していることに関連しているんでしょうか。

米国ブランドは使い勝手がいいのでしょうか。

ポール・スチュアート

いいブランドとは思うけど、正直ピンと来ない部分はあります。

自分でお金を出すなら、他のブランドで探すと思います。

育てて取り上げられるよりは、「いい」という判断でしょうか。

(というよりリスクが低いという判断かも)




コーセー、“ポール・スチュアート”でプレステージ男性用化粧品市場に参入~三井物産と日本における製造販売ライセンス契約を締結~

日本におけるマスターライセンシーは三井物産株式会社で、株式会社三陽商会が展開する衣料品を中心にライセンスブランドとして展開されています。






コーセー、ポール・スチュアート

コーセーさんもポール・スチュアート名義で化粧品を展開しています。

正直コーセーといえば女性化粧品というイメージが強すぎて、

なぜ男性化粧品なのかと思ってしまいますが。

魅力があるのか、売れるのか気になってしまいます。


どうもコーセーさんのターゲットも男性ではなく女性なようで。

「女性から男性への贈り物」

つまり女性化粧品を買うのと一緒に男性用も買ってもらおうという戦略なようです。

そういう目でみると確かにポールスチュアートは無難に見えます。

欧州ブランドのような尖った感もなく、色気の露出も抑え目で、

プレゼントには適しているかもしれません。


このブランドを正確に捉えると、やはりこういうブランドになるのでしょうか。

またこれはコーセーの生き方にも重なって見えます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3300-73a55477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。