「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ざっくりミトコンドリアの機能をまとめると以下のようになるのでしょうか。

グルコース[ブドウ糖]脂肪酸+酸素

ミトコンドリア

ATP・熱・活性酸素




基本的には、酸素をグルコースに反応させて、ATPを作り出すのがミトコンドリアの機能。

それを生体はエネルギーとして活用している。

大きくぶった切ると電子をくっつけて高エネルギーとし、その電子を運ぶのに相応しい形がATPなのでしょうか。




「熱」はおそらく「脂肪酸」を分解するためでしょう。

通常、固体として蓄えられている「脂肪」を熱により融かし「油」とし、分解しやすくするのでしょう。

と捉えると、グルコースが最初に分解され、後から脂肪が分解される理由になりますね。

十分に温めないと脂肪が融けないから。




活性酸素は、

ATPが十分にできすぎて「水素イオン濃度勾配」差によるATP作成ができなくなった際、

行場所のなくなったエネルギー[電子]がやむを得ず酸素にくっついてできたと考えられますね。

この機能は、その反応のしやすさから、攻撃にも守りにも両方使える。

ミトコンドリアは細胞の寄生ととらえる向きが多いですが、多分違うでしょう。

その仕組みに目を付けた細胞側がミトコンドリアを捉えて離さないように見えます。

だから活性酸素を使って離れようとしている。

一方で宿主細胞もそれに気が付いて外敵(細菌、ウイルス等)が入ってきた場合にそれを活用することがある。

宿主細胞の機能がおかしくなってミトコンドリアを抑えきれなくなった時、

ミトコンドリア病等の障害を起こすのでは?

ミトコンドリア病(公費対象)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3339-a40f20c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。