「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
街を歩いていると一頃に比べ建設現場が増えている気がしますね。

アクセルを踏む時期なのでしょうか。

そんな時に新聞に。




住友不、高田馬場で大型再開発 38階ビルや防災広場

 住友不動産は6月、東京都新宿区の高田馬場駅南側で大規模再開発に着手する。地上38階の大型オフィスビルを建て、イベントホールや防災広場も設ける。東日本大震災後、耐震性が高い大型の新築ビルに入居を希望する企業の需要が高まっている。マンションも建設し、職住近接のにぎわい拠点をつくる。2016年に完成する予定だという。

 再開発するのは東日本旅客鉄道(JR東日本)の社宅跡地などで広さは2万2千平方メートル。JR山手線と西武新宿線の線路東側、高田馬場駅から南に300メートルの場所にある。



高田馬場は新宿と池袋の中間にあり、西武新宿線のJR接続駅でありながら、

ちょっと取り残された雰囲気の山手線駅。

学生街として完成された感もあり開発とはやや縁遠い印象でしたが、上記記事がでてました。

とうとうここにまで開発の手が。

でもどこでしょう?

JR東社宅跡。


大きな地図で見る

ここですか。

確かに長い間空き地でした。

住不が寝かせていた土地ですか。

高田馬場は住友不動産の大規模開発で学生街から脱却なるか?

大久保三丁目西地区開発事業

結構長いこと寝かせていたんですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3373-ddef8335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック