「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
根岸製油所に水素製造装置という記事がありましたが。


神奈川県に日本初のガソリンスタンド一体型水素ステーション

JX日鉱日石エネルギーは、ガソリン計量機と燃料電池自動車(FCV)への水素充填機を並列設置した水素供給拠点を、ENEOSサービスステーションDr.Drive海老名中央店(神奈川県海老名市)内に「海老名中央水素ステーション」を開所した。

2012年の一般高圧ガス保安規則の改正により、市街地への高圧圧縮水素スタンドの建設が可能となったことを受け、ガソリンスタンド敷地内に水素充填設備を設置した。

今回、建設・運営を手がけるJX日鉱日石は、今後、供給インフラに関する技術検証を行うとともに、運営ノウハウの蓄積を図ることで、ガソリンスタンドにおける水素供給事業の早期確立を目指す。今年5月には、愛知県名古屋市に、同社が建設・運営を手がけるガソリンスタンド一体型水素ステーション「神の倉水素ステーション」も開所予定。



次世代車の本命は燃料電池車と言われて久しいですが、

水素の補給所がない限り普及はできない訳で。

その意味でようやくの第一歩。

業界リーダーだけあって一歩を踏み出しました。

次は「水素って安全に扱えるの?」というのが課題になるかと思いますが。

石油は炎上爆発ですが、水素となるとどうなるんでしょう。

気体なだけに一気に大爆発になるのではないかと思ってしまうんですが、

今後の経過が気になります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3374-afa10c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック