「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が何でも屋根に太陽電池を「10kW」載せたい、この1点に集中したミサワホーム

太陽電池モジュールを10kW以上設置し、買取期間20年を狙うという1点に集中した戸建住宅「Solar Max」シリーズである。

「Solar Maxシリーズは自由設計住宅だ。ほぼ同じ設計の戸建住宅と比べると、設計プランにもよるが、300万円台の追加出費で建築できる」(同社)。同社は10kWであれば、全量買取で月平均約3万円の売電収入(名古屋市の場合)が得られ、20年間では約750万円と試算している。

太陽電池モジュールの変換効率を高めることと、すき間なく太陽電池モジュールを敷き詰めること、屋根面積を大きく取ることだ。




「Solar Max」シリーズを発売

屋根建材型太陽電池モジュール「Fシリーズ」の商品化について- ミサワホーム株式会社の「Solar Max」シリーズに採用 -




株価




財務ハイライト

不思議な財務ですね。

第一四半期で必ず沈んで、第二四半期で盛り返し、第三四半期で再度沈んで、第四四半期できちんとした数値を作る。

・・・意図的な数値操作があるようにも見えますが。

第二四半期で投資の時期は終わっている気も足ますが。

第四四半期に対する仕込ですか?




住宅業界
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3443-78665667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。