「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月首都圏マンション発売21.4%増 在庫が約23年ぶり低水準

 不動産経済研究所(東京・新宿)が18日発表したマンション市場動向調査によると、10月の首都圏の新規発売戸数は前年同月比21.4%増の3506戸と6カ月連続で増加した。10月の発売戸数としては2010年(3718戸)以来の水準。販売在庫数は3771戸と1990年9月(3656戸)以来、23年1カ月ぶりの低水準だった。同研究所は理由を「売れ行きが好調なため」とみている。

 実際に売れた戸数の割合を示す月間契約率は79.6%と、前年同月から6.9ポイント上昇。5カ月ぶりに80%台を下回ったものの、好不調の目安となる70%を9カ月連続で上回った。引き続き住宅価格の先高観が広がっており、東京23区を中心に需要は堅調だった。

 近畿圏の10月の発売戸数は33.4%減の1404戸。10月としては91年(1278戸)以来の低い水準。同研究所は「近畿圏では消費増税前の駆け込み需要が9月までに発生していたため、その反動があった」と指摘している。月間契約率は0.8ポイント下落し、79.6%だった。






首都圏マンション発売、6カ月連続増 市場に落ち着き、高水準を維持




正に消費税相場ですね。

通常であれば落ち込むでしょうが、

二段階引き上げに加えて、オリンピック効果。さらにはアベノミクス。

安倍総理の好きな押して引く政策。

【買い時はいつ?】住宅購入、手厚い補助で相殺

これで景気が落ち込むようなら追加政策もあり得そうで、

無理やりにでも上昇させそう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3489-291a2272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。