「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のアルビをよく見てみたい、
(傾向と対策で、このメンバーでは来年戦えないだろうから)
と思って日産スタジアムに行ってきましたが、
たまたまマリノスの優勝決定戦とかぶってしまい、
大観衆。

辺り一面青の渦。でもトリコロールで上品に見えてしまう。
圧倒的な雰囲気でしたが、往年のビッグスワンにも似てました。

結論でアルビ強かった。なんでこんなに強くなったってくらい。
優勝掛かった相手のホームで2-0で勝つとか想像できない。











マリノスも齋藤学と中村俊輔がボールを持つと怖かったです。

齋藤がボールをもってゴール前でファールもらって俊輔のFK、がマリノスパターン?


新潟はボールを取られたらなすすべもなかったですが、今は違う。

拙さは以前のまま、ルーズする点もだいたい同じ。

ショートパスはつながらない。

でもルーズしてから違う。

二回三回となく波状的にボールに向かう。

あまりに執拗。

それでいて、以前より、ファールも少なくなった。

ここがベース。



さらにキーマン。前線に居る田中達也がとにかく動き回る。

そんなに要らないでしょと見えるんですが、GKまで執拗に追いかける姿勢。

それが全体の鼓舞になり、相手へのプレッシャーになりミスを誘う。



これも偶然ではないのでは?普段の姿勢と相手の油断がたまたま一致してのゴール。



更にいうとこの動きが全体でのデコイになり川又のプレイを呼んでいます。

得点王ランキング2位で、一部代表にという声もありますが、

一人で局面打破する力が見えないので代表にはまだまだかなと。

個人的な川又は、ゴール前瞬間飛び出してのワンタッチシュートが抜群にうまい選手。



新潟に足りない最後のピースがまさにこれ。

とにかく何でもいいから枠内に飛ばせる選手。

貴章もうまかったけど、天才かと見間違うほどいつも枠外だった。


二点目の鈴木武蔵。

遠目でホージェル・ガウーショかと思ってました。

抜群の切れと、鋭いドリブル。彼も今のアルビスタイルにマッチしているようで、

J1に慣れれば爆発するでしょう。


優勝狙えそうなチームに育ったんですが、どうせ来年は見れないんでしょうなあ。

ラストあと一戦。見ておく価値はあると思います。






マリノスの選手紹介格好良かった。
(ちょっと長いけど)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3492-1a31c0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。