「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画としては、1980年代のゲームの雰囲気をよく再現してますね。

今の日本ではもはや存在しない良かったころのゲームセンターの雰囲気も。

お話的には、とあるゲームセンターの中で完結。

ガイナックスあたりが作ると、ゲーム世界全体の話になってやがては地球滅亡の話になっていきますが、

ディズニーっぽいのでしょうか?


主人公ラルフは、自分に嫌気がさして他のゲーム機に行くのですが、壊し屋だけあってどんなゲームも壊しまくり。

プレイヤー(遊ぶ子供)にもそっぽを向かれるのですが、それが特徴なだけあって逆境にめっぽう強い。

シンプルゲーム恐るべし!?




ゲームカルチャーに対するディズニーの本気映画「シュガー・ラッシュ」
“七色の声を持つ男”山寺宏一が苦戦? 『シュガー・ラッシュ』“声”の秘密
【気になること。】 シュガー・ラッシュを20回見てわかったマニアックな見どころ(ネタバレ)




評価的には、多くの人が言うように最高、とはいえないけど、ノットバッドでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3506-d8d10bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。