「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

旬野菜の選び方と保存法

私たちが真に健康であるためには、日ごろ食する野菜が、生き生きとした鮮度の高い、栄養分の充実した、生命力の旺盛なものでなくてはなりません。だから、誰しもが安全で、栄養価が高く、新鮮なものを食べたいと願っています。

どのような保存方法をとろうとも、生鮮野菜は呼吸作用・自己消化作用によって鮮度・栄養・おいしさを劣化しながら生き続けているのです。したがって安いからといってあまり大量に求めたりせず、鮮度のいいうちに早く食べ切ることが最大のポイントである




冷凍野菜vs.新鮮野菜―どちらの栄養価が高い?「冷凍の方が栄養価が高いことも」




植物工場製品の特徴

LED照明で育てた野菜のほうが、栄養豊富だって知ってた?

植物に必要な光は主に赤と青で、比率は10:1から5:1ぐらいが一般的だ。また太陽光には、美容の大敵・紫外線や、暖房や調理器に使われる赤外線も含まれているが、多量に浴びせると植物もダメージを受ける。ただし、適度な日焼けは健康に良いのと同じ理屈で、少量の赤/紫外線を与えた方が野菜も丈夫に育つとの説もある。赤/紫外線用のLEDもあるので、これを使えば制御も簡単だ。

LED照明のメリットは波長と明るさを調整できる点だ。野菜の好みに合った光を与えられるLEDを使うと、地域や天候に左右される太陽光に比べ、リーフレタスのビタミンA、C、Eが、それぞれ14、3、6倍に増す驚きの結果が出た。

パルス照射できるのもLEDのメリットだ。これは、LEDを高速でオン/オフさせてストロボのように光を放つ方法で、文部科学省のデータによると、パルス照射だけで20~25%も大きく育つという結果が出ているのだ。

光を当て続けた方が大きく育つのでは?と思うのが当然だが、ひたすらエサを与え続けるよりも、ときどき休ませた方が消化が良くなり、結果的に多く食べられるのと同じと言えよう。この休み時間をさらに増やし、オン:オフの比率を1:2にすると、最大33%も成長率がアップするというデータもある。つまり、休憩時間が成長を大きく左右するのだ。

パルス照射は通電時間が減るので消費電力が少なく、生産原価は3割近く下がると試算されている。安くておいしい野菜がいつでも手に入る時代はそう遠くなさそうだ。






太陽の下で育った野菜が良いようなイメージがあります。

労働時間を嫌うと、農薬が多量に必要になる。
農薬を嫌うと、GMOになる。
GMOを嫌えば、植物工場になる、のでしょうか。

農薬かGMOか植物工場かと聞かれたら、植物工場産の野菜ですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3513-b62229e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック