「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

枝豆の種から大豆を収穫することは可能ですよね?

枝豆の種から大豆を収穫することは、勿論可能です。大豆と枝豆は元は同じものですが、未熟な枝豆から更に成熟すると大豆になります。

枝豆は大豆を若取りしたもので枝豆もそのまま畑に置いておけば大豆になりますが、枝豆用は早くできるように品種改良されたものです。






えだまめ だいず(大豆)




「大豆の育て方」農薬を使わずに大豆をつくろう

①種まきをしましょう。
特にむずかしい条件はありません。
お庭やベランダのプランターに気軽にまいてみてくださいね。5月〜6月が大豆の種まきのシーズンです。
★なるべく日当りの良い場所でどうぞ。
★7月の上旬が種まきのギリギリ限界です。

②土を準備しましょう。
たとえば、山土だけ肥料なしでも大豆は育ちます。よほど酸性やアルカリ性が強かったり、汚れた土でなければ、問題ありません。ホームセンターで土を購入する場合は野菜用をどうぞ。大豆の種は、ほどよい水分の土の中に1〜2cmくらいの深さに手で埋めてください。

まめ知識
大豆などの豆類の根には「根粒菌」のすみか「根粒」があります。根粒菌には大気中の窒素(チッソ)を取り込み土中に固定する力があります。窒素は植物が大きく丈夫に育つうえで必要不可欠な栄養です。だから大豆は肥料(窒素)をあげなくてもしっかり育つのです。

③大豆のお世話はとってもかんたん!
土が乾いていたら、土が湿るくらい水をあげてください。畑の場合はけっこう放置していても大丈夫だったりします。プランターの場合は乾きすぎに注意が必要です。

④大豆の育ち方例
①かわいい双葉♪植えた大豆の体がそのまま双葉になります。
②本葉が育ってきます!
③紫の小さくてかわいい花が咲きます♪
④そして、実がなります。枝豆で食べたいのを我慢して秋を待ちましょう。

⑤鳥さんたちに注意です!
水を含んで柔らかくなった種や、双葉は鳥さんの大好物。
場所によっては全滅・・・なんてことも。
葉が小さいあいだは、鳥よけネットなどの工夫をしてくださいね。

⑥待ちに待った収穫です!
茎や葉が茶色く枯れたように乾いてきたら収穫です。
時期は10月初旬から11月初旬頃です。
「豆たたき」をして実を取り出そう!






大豆の栽培方法

りん酸・ケイ酸・マンガン・鉄などの微量要素
種子は他の品種が混じらないように100%購入し、前年収穫した種子を使用することはできません。
鳥害防止と紫斑病の防除のために、種子消毒剤を種子に塗沫します。
窒素・りん酸・カリウム等の化成肥料を20~40kg施用します。大豆は根粒菌が生育を助ける働きするため、肥沃なほ場では施用しません。
草を生やさないために、播種直後に乗用管理機で除草剤散布を行います。
除草、倒伏防止、根ばりを良くする、土壌の通気性を良くするなどのために、株間の土をよせて高さ15cm以下の畦を作ります(2回)。
乾燥で葉がしおれてきたら、明渠に通水して土壌水分を確保します。子実肥大期まで水管理には注意します。
ハスモンヨトウなどの害虫が発生した場合、殺虫剤を散布します。多発時には害虫の脱皮(成長)を抑制する「脱皮阻害剤」を混用して散布します。近年では、ラジコンヘリコプターによる散布も行われています。
ハスモンヨトウ防除にはフェロモントラップが使用されることます。
収穫適期は、茎を振ると莢(さや)の中で豆が音を立て、茎が手で軽くポキッと折れる頃です。収穫はコンバインで行い、汚損粒防止のため、雑草などは事前に抜き取っておきます(コンバインの中で雑草の汁が収穫した実に付いてしまうため)。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3515-a4e2a959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック