「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

佐賀県

人口・面積ともに全都道府県中42番目である。しかし、人口密度は全都道府県中16番目と中位にあり、九州でも2番目に高い。

県内の地域区分は、佐賀藩と唐津藩に二分されていた歴史的経緯から、唐津市を中心とした北部(北西部)と佐賀市を中心とした南部(南東部)に分ける2区分が最もよく用いられる。

人口が多いのは佐賀市(約24万人)、唐津市(約13万人)、鳥栖市(約7万人)など。県面積の3分の1を占める南東部の佐賀平野に県人口の半数である40万人が暮らしている一方、玄界灘沿岸や杵島丘陵の盆地にも人口集積があって、平地に偏っていることを除けば人口分布に大きな偏りはない。

2007年度(平成19年度)の県内総生産は3兆115億円である[21]。47都道府県では第43位であり、世界で85位前後の「国」に相当する経済規模を有している[22]。産業別就業者数では、他の都道府県に比べて第一次産業の割合が多いことから、農業県と言われることも多い

佐賀県 838,198人
佐賀市 235,602人
唐津市 124,226人
鳥栖市 71,821人







長崎県

長崎県 1,393,159人
長崎市 435,249人
佐世保市 256,201人
諫早市 138,780人

平成20年度(2008年 - 2009年)の県内総生産は4兆3109億円である[2]。

県内に拠点事業所を置く企業
十八銀行(長崎市)
親和銀行(佐世保市)
ジャパネットたかた(佐世保市)
SUMCO TECHXIV(大村市)
山下医科器械(佐世保市)
ひぐちグループ(長崎市)
AIGコミュニケーションワン(長崎市):AIGグループのコールセンター
たらみ(長崎市)
ゆびとま(長崎市)

工場
三菱重工業(長崎造船所など)
三菱電機(長崎市など)
佐世保重工業(佐世保市)
ソニーセミコンダクタ九州(諫早市)
アリアケジャパン(佐世保市)
マリーナ電子(南島原市)
宝酒造(島原市)
九州フジパン(諫早市)


鄭成功

日本の平戸で父鄭芝龍と日本人の母田川松の間に生まれた。成功の父、芝龍は大陸は福建省の人で、平戸老一官と称し、時の第28代藩主宋陽隆信の寵をうけ川内浦に住み、浦人田川マツを娶り二子を生んだ。二人に、福松と七左衛門と名付けた。 たまたま、母マツが千里ヶ浜に貝拾いにいき、俄に産気づき家に帰る暇もなく、浜の木陰の岩にもたれて出産した。この男児こそ、福松少年であり、後の鄭成功である。幼名を福松(ふくまつ)と言い、幼い頃は平戸で過ごすが、7歳のときに父の故郷福建につれてこられる。






かつては肥前の国として佐賀県と長崎県は同一国。中心は佐賀だったようです。

今や逆転しているような印象ですが。

佐賀の人も「何もない」ことを自慢していますし。

人口84万vs139万人
経済3兆円vs4.3兆円

言うほど決定的な差は感じられない・・・でしょうか。

鄭成功が長崎出身というのは驚きました。




大分県

温泉の源泉数(4,538ヶ所)、湧出量(291,340L/分)ともに日本一[2]で、別府湾に面する別府温泉、県中央部に位置する由布院温泉は全国的に知名度が高い。さらに地熱発電でも日本一を誇り、栽培、養殖などの産業、食文化や美容と医療に至るまで、豊かな温泉の恵みが幅広く活かされていることから、県では「日本一のおんせん県おおいた」と称し、全国に大分の温泉をPRする活動を行っている。

大分県 1,175,821人
大分市 464,679人
別府市 123,519人
中津市 86,395人
佐伯市 84,781人
日田市 76,691人

平成20年度(2008年)の県内総生産は4兆4724億円である[7]。
高度成長期に大分市が新産業都市の指定を受けて大分臨海工業地帯が形成された。また、近年は、大分市や大分空港周辺に電子工業等の立地が進む一方、県北部では、隣接する福岡県東部とともに、自動車関連企業が集積している。このため、全国平均に比べ第二次産業の占める割合が高い。県内総生産は1999年度で約4兆4,000億円で、そのうち、第一次産業が3.1%、第二次産業は36.9%、第三次産業は61.0%となっている。

大分県の自然エネルギー自給率は、25.2%で全国一高い[9]。これは、八丁原発電所をはじめ3か所の商用地熱発電所が立地するなど、地熱利用が進んでいるためである。






宇佐神宮
境内のご案内

神功皇后
仲哀天皇
応神天皇




山口県

山口県の市区町村一覧&人口ランキング

山口県 1,464,275人
下関市 282,091人
山口市 194,974人
宇部市 172,634人
周南市 151,866人
岩国市 146,524人
防府市 118,019人



一極集中しない県。

結構珍しい。

下関市に人口が多く、県庁所在地の山口市は人口二番目で経済的にも周囲の土地に譲る。

山口市・・・大内氏の本拠。かつては「西の京」と呼ばれるほど栄えた。
萩市・・・・江戸時代毛利氏の本拠。一方を日本海に面し、三方が山に囲まれた都市。
      幕末から戦前にかけては政財界の大物を多く出すなど、
      かつては中央たる東京への指向が強かったが、
      最近では、進学・就職なども九州本島への指向が強い。
宇部市・・・明治以降に宇部炭鉱での採炭が本格化したことで炭鉱都市として急速に発展した。
      石炭産業は後に宇部興産の一部となり、
      現在でも同社は本社機能の一部および主力生産拠点を市内に置いている。
宇部興産専用道路
宇部興産
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3558-ae8be20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック