「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

アストラゼネカ、ファイザーの最終案拒否 M&A困難に

英製薬大手のアストラゼネカは19日、米大手ファイザーによる総額約700億ポンド(約11兆9千億円)の買収提案を拒否すると発表した。買収額を引き上げたファイザーの「最終提案」が拒否されたことで、業界最大規模の企業合併・買収(M&A)は実現が難しい見通しになった。これを受けアストラゼネカの株価は10%超の下落となった。
ファイザーは18日、買収額を以前の提案より1割増やし、1株当たり55ポンドとする最終提案を発表していた。アストラゼネカが買収額は「安すぎる」と反対したためだ。だが、最終提案についてもアストラゼネカは19日の声明で「企業価値を過小評価している」とし、受け入れを拒んだ。



世界の医薬品メーカー売上高ランキング

売上高はおおよそ半分。

米ファイザーの売上高が予想下回る、英社買収の重要性鮮明に

アストラゼネカ、ファイザー買収案再び拒否 一部株主は批判

アストラゼネカのレイフ・ヨハンソン会長は、16日時点で提示されていた53.50ポンドを少なくとも10%上回る水準(58.85ポンドに相当)に買収額が引き上げられて初めて、アストラゼネカの取締役会が買収案の支持を勧告できるようになるとファイザー側に伝えたことを明らかにした。
ヨハンソン会長はまた、コスト節約と節税という財務面での利点が、ファイザーの買収の主な動機になっているようだと指摘。これまでのファイザーとのやり取りの中では、戦略上の魅力を感じなかったと述べた。
アストラゼネカの主要株主の一部は、ヨハンソン氏の協議を拒否する姿勢を批判。株主として上位10位に入るファンドマネジャーはロイターに対し、「アストラ経営陣は株主を代表して良い対処をしたとは思わない」と述べた。



業界を考えると、今後はバイオ医薬品に席巻されることが予想されます。

遅かれ早かれ行き詰る気がします。

確かに、合併しないのは良い対処とは思えない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3564-4c24ef5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック