「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療用医薬品市場、初の10兆円突破 13年度の国内

 2013年度の医療用医薬品の国内市場は前年度比4.8%増の10兆164億6100万円で初めて10兆円を突破した。米国系調査会社のアイ・エム・エス・ジャパン(東京・港)がまとめた。

 最も販売額が多かったのは抗がん剤の7151億円で前年度比8.6%増。2位は高血圧治療に用いられるレニン―アンジオテンシン系作用薬の6492億円だった。武田薬品工業の「ブロプレス」やノバルティスファーマの「ディオバン」などで売り上げが減った一方、新製品の発売や後発品により市場が伸びた。

 企業別売上高の1位は武田薬品工業で7121億円。以下、アステラス製薬、第一三共と続いた。外資系企業では中外製薬が4位で最も高く、ファイザーが6位、ノバルティスファーマが7位だった。

 製品別の売上高は、サノフィの抗血小板薬「プラビックス」が前年度比21.1%増の1270億円で首位。2位のブロプレスは8.6%減の1022億だった。前年2位のディオバンは16.8%減で7位だった。






今後の有望品。

◇がん
PD-1
抗PD-1抗体が治療歴のあるメラノーマ,非小細胞肺がん,腎細胞がんで腫瘍縮小効果を示す
完全ヒト型抗 PD-1抗体「Nivolumab(ONO-4538/BMS-936558)」 悪性黒色腫に対する製造販売承認申請
免疫応答を抑える新たな分子メカニズムを解明 —補助刺激受容体PD-1がミクロクラスターを形成することを発見—

◇糖尿病
SCLT2阻害薬
SGLT2阻害薬:糖尿病治療薬

C型肝炎
肝炎ナビ

平均以上
リウマチ
COPD

◇高血圧症
特許切れに伴う後発品への置き換えが進み市場が縮小する。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3566-e77a06a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。