「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は日本代表のユニフォームを着ている人が多かったですね。

ワールドカップグループリーグC。日本1-2コートジボワール。

結果は負けたわけですが、勝てそうな感じもありました。

今の世界でのポジションが如実に出た感じで、微妙な心境。




【W杯】日本対コートジボワール。同じ形で2失点。大会前の課題がそのまま敗因に【どこよりも早い採点】
【W杯】夢うつつ精神的に脆かったザックジャパン。コートジボワール戦、必然の敗北。本田だけが見ていた現実
ザックジャパン、前半リードもドログバ投入で一変。1-2逆転負けで初戦を落とす




ドログバ投入で流れが変わったとありますが、その前の遠藤投入で流れが変わった気がします。

攻め込まれながら、曲がりなりにも失点を防いでいましたが、彼の投入でまとまりのようなものが感じられなくなり、

ドログバ投入でその懸念が現実化。寧ろ良く二失点で済んだなあというのが感想で。

惜しかったというより「完敗」という言葉がちらついて不思議に悔しくない。


一方で本田が得点した後、何回かチャンスがありましたがそこでしっかり点を取れていれば、日本のワンサイドもあり得たような。

加えて大迫、香川。試合に参加参加していることに気が付きませんでした。

香川は本田との仲良しショートパス。でしかもミス。さらには敵へのパス。

何度か敵にチャンスをプレゼントしていたので、何をやっているんだろうと気が付きました。

雨の日は彼のスタイルでは合わないのでしょうか。

大迫、香川ではなく、大久保、柿谷を使っていたらあるいは結果は違っていたかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3579-9353ef84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。