「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
目についたのでブータン関連を二つ。

インド10年ぶり政権交代 首相に経済改革派・モディ氏

 2001年から西部グジャラート州の首相を務めたモディ氏は電力や道路・港湾などインフラ整備を進めるとともに投資手続きの簡素化に取り組み企業の誘致に成功した。その実績をもとに「グジャラート・モデルを全土に広げる」と訴え、支持を広げた。新政権が規制緩和などを通じてビジネス重視の姿勢を強めることに内外の経済関係者が期待を寄せている。



期待高まるモディ新首相の「経営手腕」 インドを成長に導けるか




インドのモディ首相、初外遊で隣国ブータン訪問

インドのモディ首相は15、16の両日、初の外遊先として隣国ブータンを訪問し、首都ティンプーで、ワンチュク国王やトブゲ首相らと会談した。
 今回の訪問には、南アジア諸国との関係を重視する方針を示すとともに、この地域で影響力を拡大する中国をけん制する狙いもある。
 モディ首相は、15日に行われたトブゲ首相との会談で、ブータンの水力発電建設を支援し、インドが電力を購入するなど、経済協力を強化する方策を話し合った。16日にはブータンの国会で演説し、「インドが力強く繁栄すれば、南アジアの利益となる」と述べ、両国がともに発展できると強調した。
 ブータンでは近年、中国が経済支援により影響力を強め、歴史的につながりの深いインドとの関係が冷却化したと言われていた。しかし、トブゲ首相は今回、「インドは最も重要な国」などと述べ、モディ新政権と協調する姿勢を示した。



インドは経済優先と言いながら、第一課題は「対中国」ということですね。




日鉄住金建材、ノンフレーム工法実証実験 ブータンで実施へ

日本企業が投資っていうのでなんか変だなと思いましたが、ODA案件でした。

特に今はどうというこもないニュースですが、そのうち発展しそうな気配もあるので。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3581-a3db03d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック