「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

米スタバが日本事業を完全子会社化する狙いは?

 米スターバックス本社は、9月23日、TOBによってSBJを完全子会社化すると発表しました。まずはSBJの大株主であるサザビーリーグを対象に965円で株式を買い取り、続いて一般株主向けには1465円で株式を買い取ります。SBJはもともと、アフタヌーンティーなどを展開するサザビーリーグとスターバックス本社の合弁事業としてスタートしました。このため、サザビーリーグはスターバックスの約4割の株式を保有する大株主となっています。一般株主よりははるかに安い価格での買い取りですが、サザビーの取得価格は極めて安価である可能性が高いことから、十分な利益を確保できていると考えられます。

 スターバックス本社は今回、TOBを実施した理由について明確に説明していません。

 スターバックス本社は1000億円を投じて、SBJを買い取ることになります。SBJを買い取ることができれば、スターバックス本社は100%の支配権を行使することができますし、SBJが稼ぎ出す利益をすべて本社の利益にすることができます。つまりスターバックスの日本におけるビジネスは今後も伸びると考えており、1000億円を投じてもおつりがくると判断した可能性が高いわけです。企業は資金的に余裕があるならば、利益が出ている外国の子会社をなるべく直接支配したいと考えるのはごく自然なことです。






スタバ・ジャパンCEOが語る、買収劇の舞台裏

――米本社の完全子会社化によって、上場廃止になる。株主からの反応は?

寂しいという反応をされる株主も多い。われわれには11万人超の株主がいて、今年の株主総会にも7000人が参加した。株を持っていることでスタバにつながっていたいという人が多い。そういう意味で、(完全子会社化による上場廃止は)私自身も残念に思う。

――サザビーリーグのリリースには、7月下旬に米スタバ本社と合意したとある。

その時点では聞いていない。僕が情報をもらったのは、8月上旬に入ってから。両株主から同じタイミングで説明を受けた。基本的には「これから先もリードしてくれ」「それが今回のディールをやるうえで、大きなポイントだ」と強く言われた。辞める理由もないので、「やります」とお伝えした。

――SBJの業績が右肩上がりにある中で、上場廃止となる。

大きなポイントは、上場した時に米本社と20年間の包括的なライセンス契約が結ばれて、2021年にそれが終わるということ。毎年の有価証券報告書にも載せている。これは大きな事実で、そろそろ米本社とのこの先の関係を考えなくてはいけない時期だった。

――今後の出店戦略に影響はないのか。

社員に強調したのは、1000店がチャプター1としたら、これから第2章が始まるということ。これまで「beyond 1000 stores(1000店を超えて)」という中期計画を作って、気づいたら1000店を超えていた。

――これまで米本社との関係性はどのようなものだったのか。

ライセンサーとライセンシーという関係を持つと、どこかで成長の形について一つの壁があると感じていた。ライセンシーである以上、分厚い契約書に縛られた中で成長戦略を描かざるをえない。

いつも米本社と調整するとき、これをやろうとしたらダメ、あれをやろうとしたらダメという。まるでゲージ(おり)に入っているようなもの。契約の中に項目がないので、覚書を作らなくてはいけない。プログラムをやるうえで、正直、だましだましやってきていたこともある。

――今回のTOBが成立したら、その関係も変わると?

足かせになっていた壁が取り払われる。11月には米本社があるシアトルでミーティングもあるので、現実的にどうやっていくかということを考えていきたい。






特報 スターバックスコーヒージャパン TOB価格は悪くない条件




業績・財務ハイライト

業績も順調に伸びているので、なんで今?という感覚はあります。

コーヒー業界に関しては「この先の展開」と考えた時、確かに行き詰まり感があるかもしれません。

ライセンシーの関係で自由裁量がないのだとすればいざというときの機動性に不安もあります。

元々サザビーリーグが所有というのも違和感はありました。

この先の展開・業績を考えて『売り時』という判断なのかもしれません。

日本には1996年進出ということなので、スターバックスができて18年。

結構ノウハウが溜まってそうで勿体ない気もしますが、それもこれもライセンシー商売なのでリスクの内でしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3652-0dd7cf8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック