「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

イオン:傘下ドラッグストア4社を経営統合へ 国内首位に

 イオンは22日、ウエルシアホールディングス(HD)など傘下のドラッグストア4社を2015年9月までに経営統合すると発表した。4社の売上高は単純合算で5132億円となり、マツモトキヨシHD(4953億円)を抜いて国内首位となる。イオンは総合スーパーや食品スーパーでもグループ内再編を進めており、総合流通業で最大のライバルであるセブン&アイ・HDに劣る収益力の強化を図りたい考えだ。
 イオンは23日からウエルシアの株式の公開買い付け(TOB)を実施し、保有比率を現在の37.4%から50.1%に引き上げて連結子会社化する。その後、ウエルシアが15年3月にタキヤ(兵庫県尼崎市)とシミズ薬品(京都市)、同9月に「ハックドラッグ」を運営するCFSコーポレーションをそれぞれ株式交換で完全子会社化する計画だ。店舗数は計約1400となる。




イオンが鳴らしたドラッグストア再編の号砲

「小売り、デベロッパー、金融などに加えて、大きな新しいビジネスの柱を確立する」――。
主力のスーパー事業で苦戦しているイオンの岡田元也社長が、新たな収益柱として打ち立てたのがドラッグストア事業だ。

ただ市場関係者の反応は薄く、一様に「何も驚きがない」と話す。ウエルシアの件については4月に発表済みだったこともあるほか、「合併で成長できた会社はない。本業の立て直しが先だ」と厳しい声も聞かれた。

また業界首位の座も安泰ではない。マツキヨを抜くとはいえ、売上高3000億~5000億円台に7~8社がひしめく群雄割拠状態は変わらない。そのうえ、単純合計した営業利益は166億円と5~6番手であり、収益力で見劣りする。

市場環境も不透明だ。ドラッグストア業界は成長を続けているとはいえ、そのスピードは鈍化してきている。出店余地も狭まってきており、市場を席巻するには次の一手が重要だ。「ドラッグストア業界は今後M&Aが増えていく。おそらく短期間で上位への集中化が進む」。22日の会見で岡田社長は、さらなるM&Aにも意欲を見せた。

意中の相手はツルハホールディングス――。それが関係者の専らの見方だ。北海道を地盤にするツルハはイオンが13%の株式を保有し筆頭株主。業界3位(売上高3884億円)だが、営業利益はマツキヨを上回る241億円をたたき出すなど、業界屈指の高収益企業だ。

ツルハについて業界関係者は、「業界ではみんなが参考にする優秀な会社だ」と口々に話す。会見でツルハについて聞かれた岡田社長は「(鶴羽樹会長は)第一級の経営者であることは間違いない。敬意を持ってこれからも変わらず接していきたい」と慎重に言葉を選んだ。

はたしてどういう青写真を描いているのか。岡田社長の野心は絶えない。






目的は2つでしょう。

利益が落ちたグループのてこ入れ。あるいは目線を外に移して批判の声を遮断する。

もう一つ。イオンの必殺技。とにかく合体して、不要なものを捨てて、効率アップ。

なんで今回ツルハは合併しないんだろうと思ってましたが、そこまで関係は深くないんですね。

イオン社長、ツルハとの関係「変わらず接する」

目標はツルハも加えてドラッグストアでも断トツの存在になることでしょう。

加えれば製薬会社に医薬卸も加えて薬事業にも手を付けたいのではないかと。




(株)マツモトキヨシホールディングス
株式会社マツモトキヨシホールディングス

最近マツモトキヨシって目立たないと思ってましたが、それでも順調に成長していたんですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3657-eccc79ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック