「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

マレーシア航空、経営再建へ=上場廃止し完全国有化

マレーシア航空は6日、臨時株主総会を開き、親会社の国営投資会社カザナ・ナショナルが今夏に発表していた経営再建策を承認した。カザナは今後、他の株主からマレーシア航空株を1株0.27リンギ(約9円)で買い取った上で上場を廃止し、完全国有化して再建策を進める。
 マレーシア航空は昨年までの過去3年間、通期赤字を計上。今年3月には同航空機が南シナ海で消息を絶ち、7月にはウクライナ東部で撃墜されたことなどから、経営が厳しい状況となった。このため、カザナは8月、6000人の従業員削減や路線網見直しなどを盛り込んだ経営再建策を発表していた。 



マレーシア航空は二つも世界的な事件・事故を起こし、財務上も組織上もまずい状況にあると推測されるので、

倒産するしかないと思っていましたが、国が救済する方向の様です。

ただ経営陣に疑問点があるので、JALのように経営陣そうとっかえじゃないと効果がないと見ます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3667-3cfcec74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック