「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安ヘアカット「QBハウス」運営企業、ファンドが売却模索-関係者

  11月6日(ブルームバーグ):投資ファンドのジャフコは、格安ヘアカット店「QBハウス」の運営企業キュービーネットの売却に向け買い手候補に接触していることが、関係者への取材で分かった。4年前に買収した後、売却により投資回収を図る。

事情に詳しい関係者によると、買い手候補として接触している相手先にはPEファンドも含まれているという。ジャフコの広報担当、植波剣吾氏はキュービーネットの売却についてコメントを控えた。

1995年設立のキュービーネットはカット料金1080円、カット時間約10分の「QBハウス」、2160円の「FaSS」などのヘアカット店をフランチャイズ中心に展開している。来客者数は年間1700万人。現在の総店舗数は575店で、シンガポールや香港、台湾にも進出しており、海外店舗は5年間で44店から85店(今年6月時点)とほぼ倍増した。

ジャフコは2010年、創業者などからキュービーネット株式を取得していたオリックスから、株式78%を約100億円で取得することで合意したと、当時の日本経済新聞は報じている。



会社実績

順調に伸びているようですが、一時期ほどには伸びていないようです。

2010年売却ということなので海外展開を目標にしたものだったのでしょうが、

思ったほど伸びなかったというのが現状でしょうか。

成長率に陰りが見えたので、順調なうちに早めに現金化しようという考えでしょうか。

この事業を買ってもビジネスモデルが確立しすぎて何とも仕様がないようにも見えます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3668-a6b7591c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。