「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決算短信

三菱重工の決算はまあまあ好調と言えるでしょう。

ただ営業CFが小さくなり、投資CFが大きすぎている感じがしているのが気がかりです。

事業計画

① 更なるM&Aの推進
 独シーメンス社と製鉄機械の合弁会社設立で合意(5月)
② MHPSのシナジー拡大
 バブコック日立との一体化(10月)
③ MRJ事業の着実な推進
 飛行試験初号機の披露式典(10月18日)
④ 交通システム事業の強化
 ・ 米国 オーランド国際空港 APMシステム受注
 ・ ブラジル サンパウロ 地下鉄6号線 鉄道システム受注
⑤ グローバルプラットフォームの整備
 ・ 海外拠点の機能・事業範囲の拡大
 ・ R&D拠点の充実・強化:英国、シンガポール、米国(3都市)
・ 地域統合会社による経営効率化(中・米)(海外G会社/拠点の再編も加速)
・ 海外人材も積極活用
・ 海外技術交流拠点

追加施策(検討中)
・ 商船事業の変革・強化
・ 防衛宇宙事業の強化
・ ガバナンス改革
・ 変革SBUの対策加速 他

①②③はうまく運べばこれから収穫期ですね。
④⑤は平坦な道ばかりではない気がします。



持っている絵は結構大きいですね。




2013.12三菱重工鉄構エンジ、橋梁生産を千葉に集約-東京五輪見据え

2014.11三菱重工、橋梁子会社の株式51%を宮地エンジに譲渡

一年かけて出した答えは橋梁要らない。

49%残したのは既存顧客への説明のためと、

新規ユーザー獲得のためには三菱の名があった方が有利との判断でしょう。

実質的には事業売却な気がします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3673-4d740b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。