「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス

IMFによると、2013年のスイスのGDPは6508億ドルであり、世界第20位である[13]。同年の一人当たりのGDPは81,323ドルであり、世界でもトップクラスの水準である。世界で最も国際競争力の高い国の一つであり、2011年の世界経済フォーラムの研究報告書において、世界第1位の国と評価された[14]。富裕層も非常に多く、9.5%の世帯が金融資産で100万ドル以上を保有しているとされる[15]。主な産業として、金融業(銀行、保険)、観光業、精密機械工業(時計、光学器械)、化学薬品工業が挙げられる。
通貨のスイスフラン(CHF)は「金(ゴールド)よりも堅い」と言われるほどの世界で最も安定した通貨であり、1870年代の硬貨が未だにデザインも変更されずにそのまま製造され、流通している。国内の物価および賃金水準は高く、国民の貯蓄高も、日本並みに高い。輸入関税率は低く、高級外車などが比較的安く購入できる。スイスの欧州連合(EU)加盟の賛否を問う国民投票において、国民の過半数が反対票を投じる重大な理由はここにある。すなわち、スイス国民にとってEU加盟は何らメリットが見出せないのである。
スイスフランの利子率の低さに目を付け、東中欧を中心に、フラン建ての住宅ローンが多く組まれている。このため、もしスイスフランが不安定となると、他国の家計にパニックを起こすリスクが生じている[8]。






GDPの推移

そうは言ってもスイスのGDP規模は世界に確たるほど大きくはなく。

なぜスイスフランが主要通貨の一つとなりえるのか分からない。




CHF (スイスフラン) とは世界で一番信用されるためにリスク回避で買われる
賃金も物価も高いのになぜスイス経済は成功しているのか?




スイスフランショックで大儲けした人と大損した人。ファイナンススタジアムより抜粋。

「安定している」といいつつ、他の国(ドル、ユーロ、円)に比べ、規模がたかが知れているので、

攻撃しやすいのかもしれないですね。

数十年に一度の攻撃的な相場だったのかも。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3707-71d83e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。