「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

パナソニック売上高10兆円へまい進、18年度までに戦略投資1兆円

津賀一宏社長は26日、2015─18年度の4年間で「1兆円規模の戦略投資を実行する」と述べた。車載・住宅のほか、BtoB(法人向け)分野のM&A(合併・買収)に充てる。

売り上げ拡大を支える戦略投資1兆円について津賀社長は「M&Aに加え、研究開発、宣伝投資含む」と説明。15年度は2000億円の戦略投資を実施する。



死にかけていたと思っていたパナソニック。大きく出ましたね。

困った時のBtoBですか。




パナソニック:尼崎の工場2棟建物を売却へ

パナソニックがプラズマテレビ用パネルを生産していた兵庫県尼崎市の工場2棟の建物を、大阪府内の機械メーカーに売却することが27日、分かった。来週にも正式合意する。工場の土地を保有する関西電力も、電気料金再値上げを前に資産売却を迫られ、この機械メーカーに売却する。隣接する工場の建物は売却済みで、巨額を投じたプラズマパネルの拠点はすべて他社の手に移る。

売却するのは尼崎第1、第2工場で、延べ床面積は計約34万平方メートル。土地は約19ヘクタール。売却額は建物が数十億円、土地が100億円以上とみられる。機械メーカーは買収後、工場として活用する。

パナソニックは尼崎をプラズマパネルの生産拠点に位置付け、第1〜第3工場を計4850億円かけて建設、2005〜09年に相次いで稼働した。だが、テレビ価格の急落や、液晶テレビとの競争激化で採算が悪化。第1、第3工場は12年3月、第2工場は13年末に生産を停止し、プラズマから撤退した。



当時液晶でさえ苦しいと思われるのにプラズマに張るとはギャンブルが過ぎると思ってました。

結果うまく転がらなかったです。




2015 事業方針

一目で

家電を縮小し、産業システム、車載等裏に回るビジネスを強化するようですが、

BtoBはうまみはあるでしょうが、将来を見据えると露出が少なくなるので、

企業としては先細りするんじゃないかと思います。

家電はベンチャーじゃないとブレイクスルーする商品は出てこないかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3727-66e912ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック