「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

シンテック社 エチレン工場の建設を正式決定

信越化学の米国子会社であるシンテック社(会長、創業者:金川千尋)は、 米国で塩化ビニル樹脂(塩ビ)の主原料の一つであるエチレンを生産する工場の建設を決定した。日本の化学会社が米国でエチレン工場を建設するのはこの投資が初めてとなる。

建設する工場のエチレンの生産能力は、年産50万トン。工場の立地は、シンテック社が既に所有しているルイジアナ州の工業用地で、2018年前半の完成を目指す。投資額は約14億ドルを見込み、シンテック社の自己資金で賄う。建設工事は主に東洋エンジニアリングが請負い、米国ルーマス社の技術を用いる。今回の工場建設は、エチレンの調達政策の一環で、塩ビの原料からの一貫生産の体制がより強固なものとなる。

シンテック社は、今後も米国の有利な原料事情を活かすとともに、世界の需要動向を的確に見極めた販売政策により、世界最大の塩化ビニル樹脂メーカーとしての地位を、さらに強固なものにしていく。




四半期

ここにきて塩ビ、シリコーンに2大投資です。

あの慎重な信越がここでアクセルとか、判断基準が気になります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3743-36948a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック