「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経産業新聞を購読してました。
サブプライム問題顕在化以降、大震災の時少し中断しましたが、8年ほど。
世界的に流れが固定化し、細部を知るためでしたが、
近年国際的な風景が変わり、大きな潮流が掴めなくなったと感じ、4月から日経新聞に戻りました。

で今結構な見落としに気が付きました。




欧州と日本の「マイナス金利」について教えてください。

欧州のマイナス金利は、ECBが今年(2014年)6月5日の定例理事会で導入を決めた「マイナス金利政策」に端を発しています。これはユーロ圏の民間銀行が余剰資金をECBに預け入れる際の金利をマイナスにするというもので、主要先進国・地域の中央銀行としては初の試みです。導入当初の利率はマイナス0.1%に設定されましたが、その後、9月4日の定例理事会でマイナス0.2%まで引き下げられています。

ECBに余剰資金を預けるといわば手数料を取られるという状況をつくり出すことにより、銀行の資金を企業などへの貸し出しに向かわせる狙いがあります。

欧州では企業や個人の資金需要が乏しい状態が続いており、銀行が余剰資金を抱えたからといって、それが必ずしも融資に回るとは限りません。ECBが6月11日にマイナス金利政策を実施して以降、ドイツやフランス、オランダなどユーロ圏の債券市場では1カ月物や3カ月物など短期国債の利回りがマイナスに転じました。銀行がECBの預金から引き出した資金を短期国債へ大量に移し、金利低下が急速に進んだからです。

欧州の銀行などの資金がより高い金利を求めて日本の債券市場に流入し、短期国債の人気が過熱したことが主因とみられています。

9月9日に日銀が新発3カ月物短期国債を市場から初めてマイナス金利で買い入れたのです。9日を含めて日銀は9月の1カ月間に合計4回、短期国債の買い入れオペ(公開市場操作)を行いましたが、そのすべてでマイナス金利が生じています。銀行など機関投資家の間ではいわゆる「買い安心感」が広がります。市場に流通しているマイナス利回りの短期国債を買っても、日銀にそれ以上の価格で買い取ってもらえばいい






国債 マイナス金利広がる 運用難・安全志向の買い 欧州量的緩和で加速

世界で総額400兆円規模の国債の利回りがマイナスで取引されており、投資家の運用難を映している。

欧州を中心に投資家は安全で、少しでも利回りがプラスの国債に資金を回している。この結果、主要国の国債利回りは急低下。みずほ総合研究所の20日時点の集計によると、スイス国債では満期12年の国債まで利回りがマイナスとなった。

投資家は当面の資金の運用先として国債を選択しているとみられ、資金はいずれ株式など損失リスクを伴う資産や企業向けの融資に回ると期待される。バンクオブアメリカ・メリルリンチのバーナビー・マーティン氏は「いずれ投資家は、安全とみなせる配当利回りの高い株式を債券のように購入するようになる」と分析している。






マイナス金利政策、その危険性とは

 金融政策のいかりは、さらに沈み続けている。
 最近まで、中央銀行による利下げの終着点はゼロであり、それより先、中銀が金利を引き下げようとすることなはく、また、引き下げることなどできないと考えられていた。
 しかし、今やマイナス金利が大流行している。欧州中央銀行(ECB)の預金金利はマイナス0.2%だ。
 金利がゼロ、あるいはマイナスであることは、どれほど奇妙なことなのだろうか。債券市場は、利回りがマイナスであってもプラスの場合と同様に金融理論が機能することを証明している。
 長期にわたる場合、マイナス金利は預金者や借り手の行動と金融システムの利用方法を変える可能性がある。プラスの名目金利の下での運営を基本として設立されたシステムにおいて、こうした変化は問題をもたらす可能性がある。
肝心なのは中銀の政策が実験的領域に深く入り込んでいるということだ。実験によって貴重な見識が得られるかもしれないが、同時にアクシデントがもたらされる可能性もある。






多分これが世界のニューノーマル。

債権の利率がマイナスであるのは常態化するのではないでしょうか。

世界には魅力的な投資先がなく、それ以上に通貨が溢れかえっています。

債権では賄いきれなくマイナス利率になるのは仕方がないのでは?

富裕層をターゲットとした方が税をうまく構築できた国が、税収でうまく行きそうですね。


消費税20%で、生活必需品は5%。
法人税は20%。
所得税は累進課税で、高所得者は45%。
さらに預金で高額を預けている人には利息を5%認めるとか。
さらにさらに高所得者に対しインフラ等で優遇等、住環境周辺を手厚くするとか。




マイナス金利は一時的しのぎなものじゃなくて、世界のルールが変わったことを示すかと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3746-c77dafc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。