「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
北方領土。教科書に書いてあり当然日本の領土と無条件に考えてきましたが、少し調べてみると突っ込みどころ満載で驚きました。

1951年サンフランシスコ講和条約で千島列島の放棄を謳っています。
が、なぜか日本政府は『択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々』は千島列島ではないと主張して返還を求めています。



色丹島、歯舞群島は見る人によって変わる可能性はありますが、択捉島、国後島が千島列島ではないとの主張は無理があるのでは?

で極めつけはサンフランシスコ講和条約、ロシア(ソ連)は批准してないんですね。

もはやなんのことやら訳が分からないです。

なぜ日本はサンフランシスコ講和条約で千島列島を放棄したのですか?

内閣府
日本共産党:千島問題をなぜ「北方領土問題」と呼ぶ?

この問題に関しては日本共産党に分がある気がします。

サンフランシスコ条約で放棄した → どこの領土でどうなっているのか

という風に議論を進めた方が良かったのではないでしょうか。

不信感もあり、お互い100%の利益を追求する状況になっているので、

今の枠組みでは解決難しそう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3782-67a2a3e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック