「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
吉住健一さんが区長になったのと関係があるのかないのか新宿区は最近工事が喧しい。

区役所本庁舎免震装置等見学会のお知らせ・工事の記録
街灯LED化
元気館の体育館利用中止のお知らせ
新宿歴史博物館の休館のお知らせ
新宿スポーツセンター 天井の耐震工事に伴う長期休館について




とそんな訳で通ってたスポーツセンターが休館になったため筋トレできなくなってしまいました。

安くて、まあまあ施設として整っていただけに。

ジム難民。

でもこういう公共施設は難しいもので、安くて誰でも通えるので人が多く、

しかも言葉が悪いけど使用者として如何なものかと思う人も多い。

2、3人で一つの器具を独占するのはともかく、

器具上で休んで十分以上占拠したり、

酷くなると使ってもいないのにタオルとかおいて占有を誇示したり、

使おうとするとやってきて睨んだり。

場所柄、学生、格闘家、外国の方々も多く、コミュニケーションとして・・・・。

だったり。

使用者のモラルが高いのは高価な一般的なジムの方が良いのは確か。




ちょっと新宿界隈のジムを回ってきました。

ティップネス東新宿

2012年に出来た新宿イーストサイドスクエアにあります。

最近できただけあって建物、器具ともに最新を期待していたのですが。

確かに最新。でも狭い。スタジオ×2、フリースペース、ストレッチ場、筋トレマシン、有酸素マシン、フリーウェイト。

これらの設備が所せましと並べられ、使用者も多く、窮屈な雰囲気。

「こ、これ、思ってたジムと違う」

公共施設一回数百円に対し、スポーツジムは一回1000~2000円。

それだけ払ってマシン設備だけが最新なんて、ちょっとどうしたものか。




次いで行ってみたティップネス新宿

ティップクロスなんて御大層な名前がついているのでかなり期待していたんですが、まるで違いを感じない。

東新宿の1階構成に対し、新宿は3階構成。

でも広さはほとんど変わらない。狭いゾーンに所せましと器具が並べられ、人も密集。


イメージと違う!

スポーツジムなら、スペースにもう少し余裕が欲しい。

並ばずとも器具は使いたい。




私が知る範囲での狭い比較ですが、ティップネスよりコナミとかセントラルの方がジムは余裕がある作りに感じました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3836-ce94349f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック