「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東芝、原発子会社WHの減損検討 2千億円規模の可能性

とうとう原発減損ですか。




東芝、半導体工場3600億円投資 医療子会社売却額は6655億円

 東芝は17日、医療機器子会社、東芝メディカルシステムズのキヤノンへの売却で最終合意したほか、白物家電事業の中国・美的集団への売却で基本合意した。
 東芝メディカルの売却額は約6655億円2017年3月期からの3年間で計約3600億円を投資し、記憶用半導体の新工場を建設することも正式に発表。リストラに一定のめどをつけた東芝は18日に17年3月期の事業計画説明会を開き、最終損益で1000億円規模の黒字を目指す方針を表明する。
 キヤノンによる東芝メディカル買収は、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープの買収額と見込まれる5890億円を上回る大型案件となった。独占禁止に関する各国の規制当局の審査が終わるまで時間がかかり、3月末までに買収が完了しないとの見方が強かったが、財務体質改善を急ぐ東芝は売却益のうち、約5900億円を16年3月期決算に計上する方向で調整する。
 新設した資本金3万円の特別目的会社が、東芝メディカルの株式をいったん保有し、各国当局の承認が得られ次第キヤノンの子会社にするという“奇策”で、17日に決済を完了。キヤノンと買収を競い合い、審査期間について東芝に質問状を出していた富士フイルムホールディングスは「極めてトリッキーなやり方との印象を受ける」と不快感を示した。

 新工場は三重県四日市市に建設し、容量を高めた「3次元タイプ」の新型半導体を本格的に量産する。
 これまで半導体工場を共同運営してきた米サンディスクにも追加で投資してもらうよう交渉を進める。稼働時期は来年3月までに詰める。
 また、東芝は17日、国際会計基準(IFRS)の17年3月期決算からの導入を見送ることを決めた。






2015年度第三四半期決算

ボロボロですな。
どこのセグメンテーションでも沈んでいて、どうやったら復活できるか筋道が描けない。
今更ですが、原発と半導体の両翼で行くという判断は大失敗でした。

東芝が陥った、「選択と集中」の誤算〜主力事業・原発と半導体のハイリスクが露呈
東芝・室町社長らを損害賠償提訴へ 個人株主、数カ月内に

3億円なんて額では済まないでしょ。
まっとうに考えて、「原発・半導体」より、「医療機器・家電」事業の方が芽がありそうで、
ここでも選択に失敗している気がします。

シャープと似た道をたどるのでは?

パナソニック・三洋・シャープで連合を組んで、
東芝は川重・三菱重辺りと連合させるのが現実的な感じもしますが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3863-53077100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。