「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。

トランセンデンス

ストーリー:人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手によって彼の頭脳と意識は、死の間際にPINNへとアップロードされていた。ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を見せ始め、軍事機密、金融、政治、個人情報など、ありとあらゆるデータを手に入れていくようになる。やがて、その進化は人類の想像を超えるレベルにまで達してしまう。






her/世界でひとつの彼女

近未来のロサンゼルス。恋人や知人への代筆ライターをしているセオドアは、妻のキャサリンと離婚調停中の身。友人のエイミーが新しい女性を紹介しようとしても、セオドアは思い出を断ち切れない。そんなある日、セオドアは最新式のAI(人工知能)搭載型のOSを購入する。起動すると、現れたのは明るくてセクシーな女性の声。“サマンサ”と名乗るそのAIとセオドアはすぐに仲良くなり、いつも一緒に。そしてふたりは恋に落ちて行く…。






映画『エクス・マキナ』レビュー「人工知能との言語ゲーム」

あらすじ(ネタバレなし)

検索エンジンソフト「ブルーブック」を運営する企業に勤めるケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、社内で行われた試験を突破し社長のネイサン(オスカー・アイザック)が暮らす人里はなれた彼の自宅に一週間滞在する権利を与えられる。
ネイサンの自宅に向かったケイレブは、そこでネイサンが産み出したロボットが自律的な思考能力を備えた人工知能であると言えるのかを判定するチューリング・テストを行うように依頼される。そしてケイレブの前に現れたのは体の大部分は機械仕掛けであることが透けて見える、美しいエヴァというロボットだった。
いくつかの疑問を覚えながらもケイレブはその美しいロボット・エヴァを面接しながら思考テストを行う。完璧な会話を行うエヴァに動揺を隠くせないケイレブだが、同時に彼女の美しさに惹かれもした。
そしてケイレブとエヴァが面接している途中に突然停電が発生する。その時、エヴァはこれまでとは違った真剣な面持ちでケイレブに「ネイサンの言うことは信じてはいけない」と進言する。
人里離れた場所に隔離されたケイレブは、ネイサンの他にキョウコという日本人メイドしかいない状況のなかで、疑心に苛まれながらエヴァのテストを続行する。
そして事態は戦慄の結末へと向かっていくのだった。






人工知能をテーマにした映画4選 -映画の世界が現実化してきた-
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3896-b95e3c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック