「メガトレンド」を追いかけ、「5分後の未来を展望する」ことを理想します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄

沖縄本島に10数年ぶりに訪問しました。
余りの近代化に驚きました。
そして沖縄の特殊事情にも気が付きました。




沖縄県、人口・世帯数の増加率が全国トップ 国勢調査
人口増加が止まらない!?沖縄県の特殊な人口事情

まず人口。というか那覇の近代化。
沖縄の「景気はいい」という体感と、「那覇の建物の高層化」、そして沖縄県における「那覇の都市化」。

Re-urbanization -再都市化-

沖縄県の中でも那覇という都市に人口が集中している印象です。
観光客も増えている印象です。

沖縄観光客776万人で過去最高 外国人は初の100万人超え 2015年
平成 26 年度 沖縄県入域観光客統計概況


沖縄県の経済、16年度は実質2.2%成長見通し

経済成長もしています。




それにつれ那覇の都市交通の貧弱さ。

那覇周辺の自動車の多いこと。
沖縄県の道路 ̶ 交通の状況
沖縄ドライブ

体感的には適正保有台数を超えているのではないかと。
県庁は交通計画を誤ったのではないかとみます。

で起死回生になる予定のゆいレール。

沖縄都市モノレール株式会社中長期経営計画【平成24年度~平成31年度】
運賃・時刻表
沖縄都市モノレール平均乗客数の推移(1日平均乗客数)

運賃は高くもないけど、安くもない。
運転間隔もおおむね10分。
ゆいレールのレールは左右上下蛇行していて、効率的ではなく。
しかも遅い。10分以上に縮めるのは結構大変そう。
2両編成で駅が設計されているので、車両の台数を増やすこともできない。
その一方で、平日も祝日もいつの時間も割に混んでいる感じ。
住民も観光客も利用。
これ以上の発展は難しそうな感じ。

事業報告

で赤字。
といっても減価償却費がかなり大きいので、なくなれば結構大きなプラスですね。
それでも現在がほぼ上限でこれ以上の劇的な変化が見込めないのは、
見通しが保守的過ぎたのでは?




沖縄県は、県単体で一つの経済圏をなし、
那覇周辺が都市化して、周辺の離島から集まっている感じ。

沖縄経済、「米軍基地経済」と言われ、
個人的にも信用してましたが、意外にそんなでもない。

(よくある質問)米軍基地と沖縄経済について
<沖縄基地の虚実11>跡地の経済効果28倍 基地、発展の足かせに

寧ろ那覇周辺では、基地返還ビジネスが成り立ってました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/11/01(火) 00:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jderby.blog51.fc2.com/tb.php/3911-b562ae52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。